禁煙マニュアル

 

 

喫煙者は「禁煙をしたい」と思った事がある人がほとんどなのではないでしょうか?
でも、やめたくても止められない。
実は、「禁煙」を意識しはじめた時、潜在意識の中で既に、禁煙がはじまっているのです。
喫煙者は誰でも、これまでに何度か「禁煙の失敗」を誰もが経験しているんだそうです。

 

‥では、なぜ?

やめられないのか?

 

ニコチン‥コレが切れそうになると、また吸いたくなります。(ニコチン依存症)
生活習慣‥癖になっています。
禁断症状‥ニコチンは約1時間で代謝され、吸えないと不安になる。

 

煙草は麻薬です。
1㍉とかの「軽いの」に変えても、やめなければ意味がありません。

 

どうやってやめるか?

 

猫目石はヘビースモーカーでした。
人生の半分以上吸い続けてきましたし、「やめたい」気持ちはいつも持ち合わせていました。
でも、生活習慣と気分転換が邪魔をして、どう考えても無理っぽい自分に後ろめたいような気分になり罪悪感に拍車がかかっていたんだと思います。
タバコほどスッキリできる代物なんて、この世の中にないに等しいですし、
「禁煙なんて絶対、無理ッ!」
と、言い張っていましたし、
「好きで吸って体壊して死ぬなら本望!」
とか本気で思っていました。(汗

 

でも?やめることに

成功しましたよ(๑రㅂర๑)❤

 

最初から諦めるのはナンセンスです。
自分が意志が弱いと思ってる方にも、この方法なら案外、成功率が高いのではないでしょうか?
猫目石だけの秘密にしておくのはもったいないのでサイト内で情報をUPしました。
わたしの成功法は、あるものを何度も繰り返しゞ読んで自分に暗示をかける方法です。

 

下記のステップを繰り返し読んで自分に暗示をかけてみてください。
禁煙は簡単ではありません。重要なのはタバコの性質を理解すること。
禁断症状を理解して耐える力。‥半端な気持じゃできないですよ。禁煙は。

とにかく、一度読んでみてください。
禁断症状の不安を予め取り除くことができている状態だと成功率は高いですよ。

↓                               ↓

 

 

 

 

ステップ 1 禁煙意識を高める

 

タバコの嫌いなところを思い浮かべて下さい

「煙草のこんなところが大嫌いだ!!」を探す。

 

禁煙はいつでもできるのです。どぅ~せ、やめるのなら早い方がイィに決まってますがココロの準備ができていないのに、適当に「じゃ、明日から禁煙する!」では、挫折が目に見えてますよね?ほとんどの人はこぅやってやめてるか、もしくは病院でキチンと禁煙講座なんか受講してるんでしょうかね?^ ^

 

 

 

 

ステップ 2 生活パターンを認識する

 

 

いつ、吸いたくなるのか?自分の行動を振り返る

 

一日の生活の中で、吸いたいと思うときはいつですか?確実に吸っているのはどんなときですか?食後、疲れたとき、目覚め、コーヒーを飲んでいるとき・・・・・etc
とにかく、ご自身の行動パターンでいつも吸っているときを振り返ってみてください。

 

 

 

 

 

ステップ 3 生活習慣を意識から変える

 

ステップ1の書き出したメモを照らし合わせて
喫煙を回避できるタイミングを探る

 

——-【例】————————————————————
刺激性の強いコーヒーを飲むのとタバコはセットだ。
↓               ↓
コーヒーを、お茶や紅茶など違う飲み物に変える。
————————————————————————-
※自分のスタイルに合った回避方法を研究する。

 

 

 

 

 

ステップ 4 準備(デメリットメモ)

 

メモなどを利用して
タバコをやめたい理由を書く。

 

歯が汚くなる。
部屋の壁紙が変色する。
衣服や、髪にまでニオイがうつる。
健康によくない。
身体を害した。

よく見える場所に貼る。

↑これがデメリットメモ

 

 

 

 

 

 

 

ステップ 5 アピール

 

なるべく多くの人に禁煙したことを告げる

 

この項目は、パスしても良いです。絶対に誰かに伝えなければいけないという事ではなく、止めてしまってから告げても問題は無いです。性格的なものですが、自分の考えがまとまらないタイプ(第三者の意見を聞くことが多い)は、宣言してしまった方が効果が高いでしょう。

 

 

 

 

禁煙開始!(。・ω・。)☆

 

 

 

 

 

 

 

 

ステップ 6 自己暗示 

 

吸いたい!の衝動は自己暗示で押さえ込む!

 

禁煙が始まってから
おそらく5分も経たずに襲ってくる衝動を抑えます。

 

魔法の呪文

時計の針を睨む。
衝動が治まるまでの5~10秒間、
絶対に秒針から目を放さないで心の中で数を数える。

20秒ぐらいで吸いたいというピークが過ぎます。
この数秒を何度も乗り越えることによって禁煙は必ず成功します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ステップ 7 禁断症状からの回避

 

 

ステップ6 の自己暗示の効果が得られないときは、ステップ4 のデメリットメモを黙視!
必ず、自分で書いたタバコのデメリットメモを再確認すること。

 

繰り返し、デメリットメモを読み返して、魔法を信じて時計の秒針を、吸いたくなった瞬間に集中して見て数を数えてみて下さい。15~20秒過ぎると、一番吸いたいピークをやり過ごすことができるので、あとは気分をタバコからそらすように心がけてください。

 

それでも、吸いたくなったら?

 

 

病院の禁煙プログラムを実践するのは、かなりの効果が期待できます。
保険外なので治療費は高額になりがちですが、
この先、不本意なタバコを購入し続けるよりは安価で済むはずです。
「ニコチンパッチ」というシールを貼るだけの禁煙補助薬が処方されますので、
比較的、簡単に禁断症状から回避することができます。

 

※その他、ガムや飴など、あらかじめ大量購入しておくのも手。
猫目石自身がお勧めするのは、生薬配合ののど飴かな?
刺激的にリフレッシュできました。

 

 

禁煙のプログラムは
まだ続きます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree