ピークフローダイアリー

 

闘病生活を応援

病気になってからは自分の症状を逸早く見極める努力は必要になってきます。・・が、お医者まさと時間を掛けて話し合うことが難しいぐらい誰もが手探り状態で、途方に暮れてしまうのでは?と考えます。どうか、勉強不足が理由での喘息死だけは患者自身が回避しなければいけません。思考策を練ってくだい。そんな時間の短縮に足しになるかも?と思って Style Note よりプレゼント。ピークフローダイアリーです。病状が思わしくない状態が続いてはじめて不安になり、あれこれ‘追求しはじめるところ’から闘病生活の本当のスタートなんだ、と思います。 ピークフローダイアリー

 

喘息発作の程度表

呼 吸 の 状 態 生  活  の  状  態
日常生活 睡 眠 会 話 食 事
小発作 軽いゼーゼー・ヒューヒューがあるが、呼吸困難はほとんどない。

普通

普通

普通
(普通に会話ができる)
普通
中発作 明らかなゼーゼー・ヒューヒューと、呼吸困難がある。 やや困難 時々目が覚める/起き上がる やや不良
(話しかければ返事をする)
やや不良
大発作 著しいゼーゼー・ヒューヒュー、呼吸困難があり時に唇や爪が紫色(チアノーゼ)になる。 不能
または、それに近い状態
不能
または、それに近い状態
不良
(話しかけても返事ができない)
不能
または、それに近い状態

 

Peak Flow Diary

日常の状態を正しく判断します

ピークフローダイアリー

Style Note のピークフローダイアリーの実際の記入はできれば、かかりつけのお医者様のご指導に従う、または、ご自身の自己管理のもと行ってください。

※これはods形式です。ご自身で変更可能ですので是非、この機会に自分専用のピークフロー日誌に作り替えてみてもよろしいかと思います。

また、「どうしても↑できない。」とおっしゃる方のみ、薬品名など変更箇所を事前に連絡していただければ直接作り変えて添付ファイルとして返信いたしますので猫目石までメールフォームより連絡して下さい。

【記入例/喘息症状】

大発作‥呼吸困難のため苦しくて動けない。

中発作‥呼吸困難のため苦しくて横になれない。

小発作‥多少呼吸困難であるが横になれる

ゼーゼー‥のどがゼーゼー言っているが呼吸が苦しいとまではいかない。

胸苦しい‥咳っぽい・動くとゼーゼー言う。

症状無し‥発作がまったくナイ、普通の状態。

【その他の症状】

ハナ・くしゃみ・のど不快感など、症状があれば○を塗りつぶしましょう。

【日常生活】

○‥良好 △‥あまりできない ×‥できなかった

【発作時】

お薬の使用回数を記入

メプチンエアー1回2吸入⇒1  1パフ⇒1Pなど

【その他の薬・漢方薬】

点眼薬や点鼻・軟膏など使用している場合に記入

【ピークフローグラフ】

最低1日2回、朝・夜(夕方あるいは就寝前)薬の吸入、服用前に測定してください。

【その他気付いた点・喘息症状の原因】

喘息以外の症状や、発作を起こすきっかけになったと思われる事柄・発作前の行動などのメモを記入。

 

 

ピークフローとは

肺活量は空気の通り道である気管支の太さによって息を吐き出す速さも変わってきます。発作が起きて気管支が狭くなっていると、どう頑張っても息を速く吐くことができません。そこでピークフローを測定することで気管支の状態を数値によって把握することができます。

ピークフローでの自己管理は全ての患者さんに必要なわけではありません。
毎日続けないと意味がないですし、自分が負担になるぐらいならやめた方がいいです。続けられるか?また、本当に自分に必要か?よく主治医と相談してみると良いですね。

上記ピークフロー日記は、管理人が独断と偏見で作成しました。
やはり日記は手元にある方が使い良いのと、自分に合わせてあるものの方がつけやすいです。ご自身での変更が可能なので、よろしければお使いください。

 

 

 

 

ダウンロード

※無料にて配布。
※エクセルで作成したものです。
xls形式で配布していますので、項目を変えて使用してくださいね。

 

pdf形式で直接印刷 

xls形式でダウンロード

One comment

  • 猫目石
    2011年8月13日 - 11:55 PM | Permalink

    → 坂****さま
    コメントありがとうございます。
    ピークプローダイアリーの原本のLinkを貼るのを忘れていました。(ノ´∀`*)
    その他、不都合な点などありましたら、ご遠慮なくおっしゃって下さい。
    ご迷惑をお掛けしました。

  • コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    Spam Protection by WP-SpamFree